スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スタッフ紹介 ケース局③


平野;
こんにちは。学生対応局の平野梨沙です。
今回もケース局員にインタビューをしたいと思います。
よろしくお願いします。

三浦:
よろしくお願いします。

P1030947_20110411192313.jpg

平野:
最初に自己紹介をお願いします。

三浦:
東京大学文科二類2年、ケース局員の三浦洋平です。

平野:
さっそくですが、なぜケース局に入ろうと思ったのか教えてください。

三浦:
ビジネスに興味があったことと、
ケースというコンテストの根幹に関われることが大きな理由です。

平野:
自分自身のコンセプトは何かありますか?

三浦:
コンセプトと言えるほどではないのですが、
ネガティブに捉えるとそれだけで楽しくなくなったりするので
常に物事をポジティブに捉えるようにしています。

平野:
それはとても大切なことですね!
では、なぜKINGに入ったのですか?

三浦:
もともと起業、ビジネスに興味があったのですが、
新歓期にKING2010の先輩にお話を聞いて
KINGというものが面白いと思ったからです。

平野:
先輩の影響が大きかったのですね。
では、昨夏のコンテスト中に印象に残ったエピソードはありますか?

三浦:
正直、コンテスト中は大変すぎてあまり気づいていなかったのですが、
コンテストが終わってから、インターネット上などで
参加者さんがKING2010を良かったと言ってくれているのを見て、
KING2010はすごいことをやってたいたのだと
改めて実感できたことが印象に残っています。

平野:
KINGの影響力は想像しているよりも
はるかに大きいということですね。
KINGを通して何か影響されたこと、
変わったことはありますか?

三浦:
劇的に変わった、という印象はないですが、
4月と比べると間違いなく成長していると思います。

平野:
では今後KINGの活動を通して
どう変わっていきたいと考えていますか?

三浦:
KINGを通して実現できるかは分からないのですが、
「自分はこれができます」という強みを持てるようになりたいです。

KING 573

平野:
「強み」を持てるようにということですが、
自身をどのような人だと考えていますか?

三浦:
最近思うのが、自分は嘘をつくのが苦手な人間なんじゃないかということです。
嘘が苦手というと聞こえはいいですが、
裏を返してみるとあんまり良くないことだったりするので、
できれば改善したいのですが、難しいです。
あと別に正直者なわけではないです。苦手なりにがんばっています。

平野:
沢山の「強み」を今も持っていると思いますよ。
私があまり読まないようなジャンルの本を読んでいそうなので
ぜひおススメの1冊を教えてください!

三浦:
そうですね、「金持ち父さん貧乏父さん」という本がお勧めです。
この本をはじめて読んだとき、
こういう生き方もあるのか、と驚いた記憶があります。
ビジネスを意識するきっかけになった本です。

平野:
今度読んでみたいと思います!
インタビューはこれで終わりますが、最後に一言お願いします。

三浦:
これまでにない新しいKINGをつくっていきたいと思います。よろしくお願いします。

平野:
本日はありがとうございました。

三浦:
ありがとうございました。
関連記事
[ 2011/04/11 19:24 ] スタッフ紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Link
KING2011公式HP 学生のためのビジネスコンテストKING2011公式     KING2010公式HP KING2010       GEIL2011公式ブログ            OVAL2011公式ブログ 2011 OVAL official logo            WAAV公式HP(準備中) WAAV
KING2011 on twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。