FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スタッフ紹介 広報局①

平野:
こんにちは。学生対応局の平野梨沙です。
今回は広報局員にインタビューしたいと思います。よろしくお願いします。

小林:
よろしくお願いします。

平野:
最初に自己紹介をお願いします。

小林:
武蔵野美術大学デザイン情報学科2年の小林大祐です。
KING2011の広報局員をしています。
KING2010のコンテストでは演出チームとして、
主にコンテスト中のムービーを作っていました。
個人的には、グラフィックデザイン、ウェブデザイン、映像制作しています。
ロジカルな人間にはなりたいのですが、結構感覚的に生きていますので、
ちょっと人とズレてるのかもしれないです。

平野:
美大生として普段は過ごしていると思いますが、
なぜ広報局に入ったのですか?

小林:
デザイン局員として活動する予定でしたが、
デザイン視点からの広報ができればと思いましたし、
広報局からデザインを見ることで新しい発見があるのではないかと思ったからですね。

平野:
なるほど。
では自分自身のコンセプトはありますか?

小林:
「自分を磨ける環境に飛び込んでいく」ということです。

DSC_5309.jpg

平野:
広報局に入ったのも新しいことへの挑戦ですね。
そもそもなぜKINGに入ったのですか?

小林:
美大生として学生団体のデザインをさせてもらうことで、
デザインの技術を磨くとともに、起業にも興味があるので
学校で知ることのできないビジネスの部分を勉強できると思いKINGに入りました。

平野:
まさに自分のしたいことが同時に出来る、一石二鳥だったということですね
昨夏のKING2010のコンテストで何か印象に残ったことはありますか?

小林:
自分の制作したケース発表ムービーで泣いてくださった参加者の方がいたことです。
自分の制作物で人が泣いてくれるっていう経験は初めてでした。この経験は一生ものです。

平野:
何だか胸が熱くなるようなエピソードですね。
KINGを通して何か変わったことはありますか?

小林:
とにかく自分の未熟な部分が明確になりました。

平野:
未熟な部分が分かったということですが、
KINGと通してこれからどうなっていきたいですか?

小林:
KINGで得た知識、経験を生かし、単なるデザイナーではなく、
ビジネスの知識にも優れたデザイナーになりたいですね。

平野:
絶対に素晴らしいデザイナーになれると思います!
ここまで少し硬い話をしてきましたが、優れたデザイナーであると同時に、
とても独特な雰囲気も持っている自身を動物に例えると何ですか?

小林:
突然の変化球ですね(笑)
牛ですかね。結構マイペースですし。

平野:
なんとなく分かる気がします。
最近新しく始めたことはありますか?

小林:
WEBデザインです。
KING2011のウェブサイトを作らせてもらいます。

(※現在のサイトからパワーアップして5月末に公開予定です)

平野:
これを見ている方はKING2011のウェブサイトも要チェックですね!
たくさん質問をしてきましたが、これで終了です。最後に一言お願いします。

小林:
デザイン×ビジネスでもっと世界を楽しくしたいです。

平野:
期待しています!ありがとうござました。

小林:
ありがとうございました。
関連記事
[ 2011/05/09 09:45 ] スタッフ紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Link
KING2011公式HP 学生のためのビジネスコンテストKING2011公式     KING2010公式HP KING2010       GEIL2011公式ブログ            OVAL2011公式ブログ 2011 OVAL official logo            WAAV公式HP(準備中) WAAV
KING2011 on twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。