スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スタッフ紹介 広報局②

山本:
こんにちは。渉外局の山本淳です。
今回も広報局員のインタビューです。
それではさっそくですが、自己紹介と自分自身のコンセプトを教えてください。

本多:
こんにちは。
中央大学経済学部国際経済学科1年の本多雄一です。
KINGでは広報局員として活動しています。
KING以外の活動では、起業家志望の学生たちと「学生起業家の会」という会を作り、
月に1度集まるか集まらないかくらいの頻度で
情報共有のために会合を開いたりしています。
常に外に向かうということですかね。
実際、KINGに入ったのもキッカケも中大生なのに男一人で東京大学まで行って新歓
に行ったことでしたから。

山本:
そんな山奥からわざわざ・・・
(※中央大学は八王子の山の中にあります)
それでは気を取り直して、KINGに入った理由は何ですか?

P1030339.jpg

本多:
もともとビジネスに興味があったからというのと、
大学に入って新たな出会いと刺激が欲しかったという
僕の思いに合った場であったからです。

山本:
確かにKINGは様々な大学から集まった学生が熱い議論を交わしあう、
そんな熱い場ですね。
次に、昨年夏のKING2010コンテストで印象深かったエピソードを教えてください

本多:
コンテスト参加者の方々がアンケートをとるために
新宿駅まで行った時に付き添いで着いていったことです。
いろいろ貴重な体験ができました。

山本:
なるほど。
では、KINGの活動を通して、自分自身変わったと思うことはありますか?

本多:
まだまだなのですが、いろんな人と議論をすることによって
KINGに入りたての頃よりも考え方が論理的になってきたと感じています。
本当にまだまだですが…。

山本:
それでは、KINGという活動を通じて今後どうなっていきたいですか?

本多:
うーん、答えにくいですね。
質問とは意図がそれますが、大学生活を通じてなら、
社会に出てからも関係が保てる人脈づくりをこれからもしていき、
誰よりも顔が広い人間になりたいです。

山本:
人と人との繋がりは大事ですよね。
なぜ、広報局に入ろうと思ったのですか?

本多:
一番の理由はいろんな学生と知り合いたかったからです。
広くて深い関係を築きたいと思ったからです。
そして社会に出てからも付き合えるようなつながりが欲しかったからです。

山本:
大学生活を通じてやりたいこと。
それを始める第一歩がKINGということですね。
KINGと関係する質問ではないのですが、尊敬する人はいますか?

本多:
秋山好古ですね。
生涯、自分の欲を捨てて生きていたところを尊敬しています。
質素倹約、単純明快!

山本:
「坂の上の雲」がNHKでやっていましたね。
それでは最後に、一言お願いします。

本多:
人生焦りすぎても良いことないですよね。
程々に焦るくらいがいいと思います。
KINGとは直接には関係ありませんが(笑)

山本:
ありがとうございました。

本多:
ありがとうございました。   
関連記事
[ 2011/05/09 09:50 ] スタッフ紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Link
KING2011公式HP 学生のためのビジネスコンテストKING2011公式     KING2010公式HP KING2010       GEIL2011公式ブログ            OVAL2011公式ブログ 2011 OVAL official logo            WAAV公式HP(準備中) WAAV
KING2011 on twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。