スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スタッフ紹介 渉外局長

平野:
こんにちは。学生対応局の平野梨沙です。
今回は渉外局長にインタビューしたいと思います。よろしくお願いします。

土方:
お願いします。

平野:
では、自己紹介をお願いします。

土方:
渉外局長を務めております慶應義塾大学法学部政治学科2年の土方貴文です。
普段は大学で政治の勉強をしていますが、
柔軟性のある学部なので法律、経済、文学など様々な授業を受けています。

king 051

平野:
さっそくですが、渉外局の仕事と局長としての意気込みを教えてください。

土方:
渉外局はコンテスト開催のために人材・物品・お金・情報を集める局です。
責任感が重く、辛い局ではありますが、
それに見合ったやりがいや成長が得られると思います。
自分は渉外局長として歴代最高の、
KINGに一生名を残す最高のチームを作りたいと思っています。

平野:
自分自身のコンセプトは何かありますか?

土方:
「行動力は思考力あってこそ」というのを掲げています。
闇雲に動くのではなくて、きちんと分析し、
考え抜いた仮説を検証する(実行する、行動する)という姿勢を
常に心がけるようにしています。

平野:
考えて動くことは渉外という役割でも大切ですもんね。
そもそもKINGに入った理由は何ですか?

土方:
もともと高校生の時からイベントには興味があったのですが、
『学生にしかできないこと』、『一生語り合える素晴らしい仲間に出会える場所』、
『誰かに価値を与え、自分が成長できる機会』
この三つを軸にして理想の団体を探しました。
そして出会ったのがKINGでした。
先輩達が魅力的だったのも大きな要因でしたね。

平野:
なるほど。
去年コンテストを経験されていますが、
KING2010のコンテストで印象深かったエピソードは何かありますか?

土方:
やはりTeam Consultantをした経験です。
チームの進捗状況やまとまりを常に確認し、ベストなソリューションを見つけ、
それをわかりやすく伝えるのが非常に難しかったです。
自分もTeam Consultantを通じて、大きく成長させてもらったなと思っています。

平野:
KINGを通して、自分自身変わったと思うことはありますか?

土方:
変わった部分というとやはりプラスに転じた部分が多かったです。
その中でも自分が大きく変わったのはやはりコンテスト本番でした。
こんなに多くの方に影響力を持っている団体で活動できている喜びと同時に、
それに伴う責任感も大きく感じました。
常にベストを目指して、向上心を持って行動できるようになった気がしています。

平野:
ではKINGの活動を通じてこれからどのように変わっていきたいと思っていますか?

土方:
人間性という面で、もっと魅力的な人間になりたいなと思っています。
KINGにいるスタッフは1人1人がプロフェッショナルで
非常に特異な魅了を持っている人が多いです。
周りよりも尖った、他の人とは違う魅力を持った人間になりたいなと思っています。

平野:
では尊敬する人を教えてください。

土方:
身近だと両親ですが、著名人だと志賀直哉です。
長編小説名著「暗夜行路」の功績が目立ちますが、
実は長編小説はその一作品のみで、「小僧の神様」等の短編小説が本職の作家です。
既存のものに囚われないゼロベースの思考を持ち、
徒然なるままに感じたことを美しく表現できる白樺派兼自然主義の作家です。
「創作余談」を読むと彼の人物像に迫れるので、ぜひ読んでみてください。

平野:
それはいい情報を聞きました。今度読んでみたいと思います。
好きな言葉はありますか?

土方:
「Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.」
直訳すると「一度も失敗をしたことがない人は、
何も新しいことに挑戦したことがない人である」になります。
新しい理論で世界を変えたアインシュタインの言葉です。
挑戦すること、新しいことを創造することの大切さをこの言葉から学びました。

平野:
何だかドキリとする言葉ですね。失敗からの成長が重要なのですね。
これでインタビューは終わりますが、最後に一言お願いできますか?

土方:
学生のためのビジネスコンテストKING2011は今年も全力で活動してまいります。
皆様に何かしらの形で価値を提供できたらという想いでいっぱいです。
コンテスト当日、お会いできることを楽しみにしております。

平野:
本日はありがとうございました。

土方:
ありがとうございました。
関連記事
[ 2011/05/14 00:06 ] スタッフ紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Link
KING2011公式HP 学生のためのビジネスコンテストKING2011公式     KING2010公式HP KING2010       GEIL2011公式ブログ            OVAL2011公式ブログ 2011 OVAL official logo            WAAV公式HP(準備中) WAAV
KING2011 on twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。