スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【企業告知】マッキンゼー・アンド・カンパニー様主催 「学生論文コンテスト」

皆さん、こんにちは!
渉外局の石田珠実礼です。

今日はKINGの協力企業様でもあるマッキンゼー・アンド・カンパニー様主催の
「学生論文コンテスト」をご紹介させていただきます。

「論文コンテスト」と聞いて、皆さんはどんなテーマを想像するでしょう?
環境について、政治について、国際問題について…
世間ではこれまで、「論文」という形にとらわれず、多くの事柄が論じられてきました。
そして100年に1度と呼ばれる大不況の現在にも、論ずるべき事柄は山積しています。

そのような中で、この論文コンテストがテーマとして設定したもの、
それは、「日本の未来」について。

あなたは、「日本の未来」について本気で考えたことがありますか?
東日本大震災を経験し、危機的状況に立たされる日本。
復興に向けて歩を進めるも、震災以前から抱える問題は俄然日本の将来に影を落としています。

そんな今だからこそ、これから日本を支えていく私達、学生だからこそ
考えられること、考えるべきことがあるのではないでしょうか。


この論文コンテスト開催の発端となったのは、ある1冊の本でした。
『日本の未来について話そう』(責任編集:マッキンゼー・アンド・カンパニー)

この本に寄稿したのは総勢65名の世界のオピニオンリーダー。
ソフトバンクの孫正義さんやユニクロの柳井正さん、日産のカルロス・ゴーンさんをはじめとする錚々たる面々です。
彼ら独自の視点を以て「日本」を洞察し、日本の未来に関する提言を紡ぎ上げたこの1冊は日本の先にある光を見せてくれます。
本の出版に合わせ、日本の未来についての活発な議論を呼び起こすために
開催されることとなったのが、この論文コンテストです。



ここで、65人のうちの1人の言葉をご紹介します。

「変化への抵抗」という錯覚
「難局に立たされたときの回復力、能力、規律、集団としての創造力、それらがひとつになって発揮される日本人の力は一夜にして生まれるものではない。そしてその力は簡単に消えるものでもない」―ジョン・ダワーマサチューセッツ工科大学名誉教授

今まさに「難局」に立たされる日本。
あなたは「日本の未来」について何を思いますか?


今、一瞬でも思考を巡らせたあなたは、もう「日本の未来」の入り口に立っています。

その興味・関心、想いを表現してみませんか?
「マッキンゼー・アンド・カンパニー主催 学生論文コンテスト」
詳細はこちらから→http://nipponnomirai.jp/jp/contest/index.html
(優勝賞金25万円。審査員には柳井正さんも決定しています。ぜひご覧ください)
関連記事
[ 2011/08/14 11:37 ] 協賛企業告知 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Link
KING2011公式HP 学生のためのビジネスコンテストKING2011公式     KING2010公式HP KING2010       GEIL2011公式ブログ            OVAL2011公式ブログ 2011 OVAL official logo            WAAV公式HP(準備中) WAAV
KING2011 on twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。